10秒でグレード検索する方法!トヨタ・日産・ホンダ・スバル・ダイハツ・マツダ・三菱

 お役立ち知識

/

 2017.3.3

グレード検索アイ

グレード!? えーとなんだっけ・・

購入時にはあんなにグレードにこだわっていたのに、いざ手放すときになってど忘れしてしまったことはありませんか。

クルマのグレードには、〇パッケージや〇〇エディションなど、どの車種にも似たような名称が並びます。このグレード情報は車両にも車検証にも記載されていないので、多くの人がお困りになるのも無理はありません。購入時の注文書に確か書いてあったはず、と思い出してもそれを何年も保管しておく人は稀でしょう。

覚えていそうで意外と忘れてしまうのがクルマのグレードです。愛車を査定するときには必ず確認される事項でもあります。グレードの違いによって査定額が10万以上開くこともありますので、もしあやまって下のグレードで見られると大きな損失になってしまいます。

また販売ディーラーに確認するのもいいのですが、担当の営業さんも多くの顧客を抱えていますので、あなたのクルマのグレードはうろ覚えかもしれません。

そこでこの記事では、かんたんにクルマのグレードを検索する方法をご紹介していきます。メーカーはトヨタ・日産・ホンダ・スバル・ダイハツ・マツダ・三菱に限られますが、一発で判明できますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事で紹介している検索方法はすべて車台番号からの照会です。

車台番号からグレードを調べる

 

 

1 トヨタ車のグレード検索

1-1 トヨタ グレード検索サービスを利用する

トヨタ車のグレード検索はメーカーが運営するウェブサイト『トヨタ グレード検索サービス』を利用します。1999年(平成11年)1月以降の情報から検索可能です。

車種や年式、海外使用車については問い合わせできないこともありますが、ほとんどの車種をかなりの精度で案内してくれます。

トヨタ車のグレード検索

トヨタ グレード検索サービス

 

それでは実際にみていきます。車検証をお手元に用意するか、車台番号を控えて準備しましょう。

 

【ステップ1】

まずグレード情報検索サービスのウェブサイトを開きます。
中央部の”同意して問い合わせる”をクリックしましょう。

 

グレード検索1

 

 

【ステップ2】

同意すると入力画面に移ります。ここでクルマの車台番号を入力します。

 

グレード検索1-2

 

【ステップ3】

車台番号の入力が終わったら、検索をクリックします。

 

グレード検索1-3

 

【ステップ4】

検索結果が反映されます。

 

グレード検索1-4

 

以上でかんたんにグレードの検索ができました。なおメーカーもうたっておりますが、この回答に関する責任は一切負わず、あくまで参考として活用くださいと記されています。

そのほか、不明な点などは下記に連絡して確認しましょう。

 

トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター

フリーコール:0800-700-7700

受付日:365日年中無休 受付時間:9:00~18:00

 

レクサスインフォメーションデスク

フリーコール:0800-500-5577

受付日:365日年中無休 受付時間:9:00~18:00

 

1-2 特別使用のクルマ

バンやトラック、福祉車両も確認してみたところ、こちらもかなりの精度で検索結果が出ました。

【福祉車両】

グレード検索1-6

 

福祉車両の検索もかなり細かい仕様まで照会してくれます。

ベースグレード『G』のウェルキャブ車『助手席リフトアップシート車』 Aタイプ 手動車いす用収納装置〈電動式〉なし

 

【バンタイプ】

グレード検索1-7

 

バンを検索してみると、販売系列によって呼称が異なるハイエースバンかレジアスエースバンか、までは認識できなかったようです。またロングやジャストローなどの細かい仕様も照会できませんでした。

しかし、ここまで判明するだけでも、査定をしてもらうには十分の材料でしょう。

 

 

2 日産車のグレード検索

日産車のグレード検索は、『日産グレード情報』で照会します。特別仕様車や限定車などは、正しいグレード情報が表示されない場合もあるようですが、トヨタ同様にある程度の精度で案内してくれます。

 

日産車のグレード検索

日産 グレード情報

 

それでは実際に日産車のグレードを調べてみましょう。

グレード検索2-1

 

ウェブページの中央部をクリックすると下記のページに移動します。

グレード検索2-2

 

車検証を用意して車台番号を入力しましょう。

グレード検索2-3

 

パルサーのCJ-1と照会できました。なお、検索結果の下段にメーカーオプションの欄がありますが、ここが反映されることは滅多にありません。このサービスからオプションを調べるのはあまり適さないようです。

 

3 ホンダ車のグレード検索

ホンダ車のグレード検索は”HONDA 四輪検索サービス”から照会します。

 

ホンダ車のグレード検索

HONDA 四輪検索サービス

実際に見ていきましょう。まずは利用規約に同意します。右端のスクロールを下までおろすと”同意するボタン”をクリックできるようになります。

 

グレード検索ホンダ1

 

車台番号の入力画面に移りますので、車検証を見ながら入力しましょう。

グレード検索ホンダ2

 

最後に検索をクリックすると、照会情報が反映されます。

グレード検索ホンダ3

 

オデッセイのアブソルートと照会されました。

 

 

4 スバル車のグレード検索

スバル車のグレード検索は富士重工業のウェブサイト、『車種グレード検索』から照会できます。

 

スバル車のグレード検索

富士重工業  車種グレード検索

それでは実際に調べてみましょう。富士重工業のウェブサイトを開きます。

グレード検索3-1

 

車検証を用意して車台番号を入力しましょう。

 

グレード検索3-2

 

レガシーツーリングワゴンのGT-VDCと判明しました。

 

 

5 ダイハツ車のグレード検索

次にダイハツ車のグレード検索をみてみましょう。ダイハツ車のグレード検索は”ダイハツ グレード照会”を利用します。

 

ダイハツ車のグレード検索

ダイハツ グレード照会

それでは実際に見ていきましょう。まず同意するをクリックします。

 

グレード検索4-1

 

 

車検証を参照して車台番号を入力し、最後に検索ボタンをクリックしましょう。

グレード検索4-2

 

 

ハイゼットで調べてみると、下記のように照会がでました。

グレード検索4-3

 

ハイゼット エアコン・パワステスペシャル”VS”と照会されました。

 

6 マツダ車のグレード検索

マツダ車のグレード検索を見てみましょう。マツダ車のグレード検索は”マツダ グレード情報検索サービス”で調べます。

 

マツダ車のグレード検索

マツダ グレード情報検索サービス

方法は以下の通りです。
まず”同意して検索する”をクリックします。

 

マツダグレード1

 

車検証を参照して車台番号を入力し、最後に検索ボタンをクリックしましょう。

マツダグレード2

 

アテンザセダンを例に調べてみると、下記のように検索されました。

マツダグレード3

 

アテンザ セダンの XD Lパッケージと照会できました。

 

7 三菱車のグレード検索

最後に三菱車のグレード検索をみてみましょう。三菱車のグレード検索は”三菱 グレード情報検索”で調べます。

 

三菱車のグレード検索

三菱 グレード情報検索

それでは実際に見ていきましょう。まず”同意して問い合わせる”をクリックします。

三菱グレード1

 

車検証を参照して車台番号を入力し、最後に検索ボタンをクリックしましょう。

三菱グレード2

 

EKワゴンで調べてみると、下記のように検索できました。

三菱グレード3

 

EKワゴンの M Eアシスト と照会されました。

 

 

8 自動車業界の方へ

自動車販売ディーラーやモータースなど、自動車業界に携わる方がグレードを調べる機会は少なくないでしょう。そのような場面では、基本価格表を調べたり、類別区分番号、型式指定番号からグレードを追うのが従来のスタンダードな方法であったと思います。

しかしいざ調べるとなると、意外と手間だったり面倒だったりしませんか?また外出先で調べるときは時間がかかってしまったり、ユーザーさんが示したグレードを確認することを怠ったりすることもよくあるのではないでしょうか。

 

類別区分、型式指定番号からグレードを調べる傾向が強い

この車台番号から検索する方法は、非常に手軽で迅速です。

今はスマホの時代ですから、各ウェブサイトのショートカットをスマホ画面に作成しておくと、最短10秒で調べることができます。業務の効率がグンとあがりますので、自動車業界の方はぜひショートカットの作成をおすすめします。

グレード検索サービスをスマホに登録しておくとラク!

 

7 まとめ

グレード検索まとめ

 

いかがでしたか。車台番号さえわかれば、かんたんに愛車のグレードを調べられることがお分かりいただけたと思います。最後にもういちどウェブサイトをまとめます。

 

愛車を手放すときには、グレードを把握しておくと相手に対しても親切で話しもスムーズです。もしうろ覚えであっても確認の意味で、メーカーのグレード検索を活用するのも一つの手です。ぜひこの検索サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

コメントはこちらからどうぞ