給油口どっちだっけ?運転席に座ったまま1秒でわかる方法とは

 お役立ち知識

/

 2017.7.17

ガソリンメーター 三角印

あれ?給油口どっちだったかなぁ?

ガソリンスタンドに入る寸前、迷ったことはありませんか?
勘を働かせて、スタンドに入ったものの・・・

残念!!!給油口は反対側だった!

なんて経験をお持ちの方も、たくさんいらっしゃると思います。

迷ってしまうには理由があります。

・週末ドライバーだから忘れてしまう
・買い替え直後で覚えていない
・人の車だからわからない
 ※レンタカー、カーシェアリングカー、友達の車、社用車・・・

など

給油口の位置をわざわざ確認してから、運転するのも面倒です。

とはいっても・・・

給油はスムーズに済ませたい!

運転席に居ながら、給油口がどちらにあるか一目でわかる、とっておきの方法があることを、ご存知ですか。

この記事では、運転席から給油口が分かる方法をご紹介します。
是非ご参考にしてください。

1 答えはメーターパネルの中にある!

突然ですが、ここで問題です!

こちらは新型アルファードのガソリンメーターをクローズアップした画像です。
ガソリンメーター 三角印

ガソリンの給油口は、右側?左側?
どちらでしょうか?

答えは・・・左側です!

新型アルファードの給油口

ガソリンメーターにある給油機アイコンの横に三角マークがあります。
このマークの矢印のあるほうに給油口があります。

【三角マークの方向】

◁ 左側に給油口があります。
▷ 右側に給油口があります。

覚えておくと、とても便利です。

① 左側に給油口のあるガソリンメーター

ガソリンメーター 三角印 左

給油口 左

② 右側に給油口のあるガソリンメーター

ガソリンメーター 右

給油口 右

これで、ガソリンスタンドの前で、アタフタすることもなく、スマートにガソリンを入れることができますね!

2 三角マークはセルフスタンドの出店増と関係があった!

セルフスタンド

三角マークの表示が定番化した背景に、セルフスタンドが増えたことがあります。

セルフスタンドは1998年頃から徐々に増えはじめました。

セルフスタンドが増える前は、ガソリンスタンドのスタッフがマイカーを給油機まで誘導して、給油作業をしていました。

なので、ドライバーは給油口がどちら側にあっても、あまり気にする必要がなかったのです。

ですが、給油作業をするスタッフがいる有人スタンドは減る一方、今ではセルフスタンドの方が多く見かけるようになりました。

誘導してくれるスタッフがいなくても、車を降りずに給油口の位置が分かるように、三角マークが表示され始めたと言われています。

2000年以降に発売された車には、大抵この三角マークが表記されています。

3 三角マークのない車の場合は

ビンテージカー

ビンテージカーや、1998年以前に作られた多くの車種は三角マークの表示がありません。
三角マーク以外の見分け方として、国産車であれば、大抵はマフラーの反対側に給油口があります。

とても熱くなるマフラーに、給油中のガソリンがかかってしまうと、車に引火する危険性があるからです。

安全性を重視して、給油口をマフラーの反対側に設置するようになっています。

【一言メモ】
ほとんどの車種は、マフラーの反対側に、給油口が設置されている!

もう一つの見分け方としては、メーカーごとに給油口の位置が、ほぼ決められています。

多くの車種で給油口が左側の国産メーカーは、トヨタ・ホンダ・マツダ・スズキ・ダイハツの5社。

多くの車種で給油口が右側の国産メーカーは、日産の1社。

三菱・スバルは車種によって様々です。

Mercedes-benz・BMW・Volkswagenなどのドイツ車は、ガソリンスタンドの給油機が右側と決まっているので、右側に給油口を設置しています。

【一言メモ】

① ほぼ左側を採用
・トヨタ
・ホンダ
・マツダ
・スズキ
・ダイハツ

② ほぼ右を採用
・日産
・ドイツ車
(Mercedes-benz・BMW・Volkswagenなど)

③まちまち
・三菱・スバル

一部の車種は、該当しないこともあるので、どちら側に給油口があるか、一度見てみましょう。

4 まとめ

給油口

給油口が左右どちら側にあるか1秒でわかる方法は、ガソリンメーター内にある三角マークで分かります。
その三角マークが示している側に、給油口はあります。

【一言メモ】

▷ 左側に給油口がある!
◁ 右側に給油口がある!

現在では、ほとんどの車に表示されています。

給油前に、わざわざ車から降りる手間もなく、スムーズに給油を済ませることができます。

また、レンタカーやカーシェアリング、友達の車、社用車など、乗り慣れていない車を運転する時に、とても役に立ちますので、ぜひ活用してみてください。

コメントはこちらからどうぞ