出頭は?違反点数は?罰金納付は?レンタカーで駐車違反したときの対処方法とは

 お役立ち知識

/

 2017.7.5

しまった! レンタカーを使用中に駐禁を取られた!

借り物のクルマでこんな事態におちいったら、どう対応すればよいか不安になる方も多いと思います。

罰金はどうなるんだろう。

レンタカー会社が全額もつ? 自分がもつ? まさかとぼけてそのまま返却してしまおう、なんて考えていませんよね!?

違反点数はどうでしょう。

マイカーではないから、違反の対象にならない!?はたしてそんな都合のよいことがあるのでしょうか。

 

自分のクルマならともかく、レンタカーを借りているという特殊なケースでは、どうすればよいのかわからない方が大半かもしれません。

そこでこの記事では、レンタカーを使用中に駐車違反をしてしまったときの対処法をご紹介します。わかりやすくシンプルにお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

1 駐禁をうけたらレンタカー会社へ連絡

レンタカー会社からの連絡

駐車禁止違反を取られると、レンタカー会社から事実確認の連絡があなた宛てに入ります。

なぜ違反したことが伝わってるのか不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。これは取り締まった警察が、すぐにレンタカー会社に連絡を入れるからです。

駐車禁止違反をとられたら

まずはレンタカー会社から連絡を待つ。

または自分からすぐに連絡を入れる

 

電話でレンタカー会社と話す内容は以下のとおりです。

レンタカー会社からの連絡内容

1)最寄りの警察署への出頭依頼
2)所定の手続きを受けるよう言われる
 ・青切符を受ける
 ・違反点数を付加される
 ・罰金を支払う
3)返却時に諸書類を提出
 ・警察で受け取った書類
 ・領収書

2 警察へ出頭する

2-1 レンタカー駐禁の出頭と違反点数

駐車違反の罰則手続き

マイカーで違反したときは、警察署に出頭をする必要はありません。納付書が届くのを待って支払えばそれでよかったのです。

 

マイカーでの駐車違反について詳しくはコチラ

▶ 出頭ナシ!違反点数ナシ!罰金納めるだけ!駐車違反後のベストな対応方法とは

 

しかし、レンタカーで駐車違反した場合はそうはいきません。車を返却するまでに、警察署へ出頭違反の諸手続きを済ませる必要があります。

マイカーの駐禁・・・警察署へ出頭しなくてよい

レンタカーの駐禁・・警察署へ出頭する

 

警察署に出頭すると、違反の青切符をきられます。そこで違反点数が加算されてしまうのです。

マイカーであれば、違反点数は加算されないのに、レンタカーだと加算される。なんだか納得いかない話ですよね。

マイカーの駐禁・・違反点数は加算されない

レンタカーの駐禁・・違反点数が加算される

実はこれは警察署へ出頭してしまうから起きることです。出頭すると手続きをするうえで青切符をきられ反則金を支払います。このときに点数が加算されてしまいます。

一方、マイカーの場合だと納付書が届いたらそれを支払うだけ。青切符がありません。そのため違反点数はかからないのです。

 

2-2 レンタカー駐禁で出頭する理由

ではなぜ、レンタカー会社は出頭をお願いしてくるのでしょうか。それにはつぎのような理由があるからです。

【出頭を求めてくる理由】

1)罰金の納付書がレンタカー会社に届いてしまうため

レンタカーの場合、ドライバー(利用者)が違反の諸手続きをせず、そのままにしてしまうと、レンタカー会社が罰金の支払い責任を負わされることになります。

中には、そのまま逃げてしまう心ない利用者もいます。

違反の対象がレンタカー会社に移ることを防ぐために、違反当日の諸手続き完了を利用者に求めてくるのです。

 

2)罰金の支払いが続いた車両は一定期間の使用制限がかかるため

駐車違反を取られた日から、前歴がなく、6ヶ月以内に3回以上、罰金の支払いがあった場合、レンタカー、マイカーに関係なく、一定期間の使用制限がかかります。

ドライバー(利用者)が違反の諸手続きをしないと、罰金の支払いは車の所有者であるレンタカー会社が支払うことになります。

罰金支払いが続いてしまうと、一定期間貸し出すことが出来なくなり、商売そのものにも影響がでてしまいます。

 

3 クルマ返却までに出頭できなかったら

罰金

レンタカーを返却するまでに、出頭して違反の諸手続きが出来なかった場合は、レンタカー会社に補償金を請求されます。

レンタカー会社に払う一般的な補償金

1)普通車の場合
¥25,000

2)中・大型車の場合
¥30,000

時間がなくて出頭できなかった

  ↓

レンタカー会社に補償金を払う

  ↓

後日、警察署へ出頭

  ↓

補償金が指定した口座へかえってくる

 

ちなみに、レンタカー会社があなたの代わりに違反の手続きや支払いをしてくれることはありません。

 

4 違反処理をしないと借りれなくなる

レンタカーが借りれなくなり困る

ほとんどのレンタカー会社は全国レンタカー協会(ARA協会)というところに加盟しています。

この協会が運営している情報管理システムに、違反の諸手続きをしなかった利用者の個人情報が登録されます。いわゆるブラックリストにのる、ということですね。この情報の有効期間は7年ほどと言われています。

また、加盟しているレンタカー会社間で情報共有されているので、どこのレンタカー会社でも貸出を拒否されてしまいます。

 

違反処理をしないと、全国レンタカー協会のブラックリストにのる

 

5 まとめ

レンタカーで気持ちいいドライブ

 

いかがでしたか。レンタカーを利用中に駐車違反をしてしまったときの流れがご理解いただけたと思います。

まとめますと

駐禁をきられたら返却する前に警察へ出頭する

警察署で違反の手続きをすませる

レンタカー会社にクルマを返却する

もし出頭できなかったら、レンタカー会社に補償金を預ける

補償金は一般的に25000円ていど

違反手続きをしないで放っておくと、レンタカー協会のブラックリストにのってしまう

 

もしレンタカーで駐禁をきられてしまったら、速やかに出頭しましょう。放っておけばあとあと面倒なことになり、結局あなたが損をしてしまいます。

そうならないためにも、たとえ少しのあいだ駐車するだけでも、なるべく近くのコインパーキングなどを利用する習慣をつけていきましょう!

 

『廃車買取おもいでガレージ』の無料査定

あなたの車、買取ります!

『まだまだ乗れる愛車を、
このままスクラップしてしまっていいのかな?』

そう考えたことはありませんか?

・まだまだ元気に走るんだよ!

・次もいい人に乗ってもらいたい!

 

私たちは大切なおクルマを簡単には廃車にせず、
次のステージで活躍する機会をつくっています。

中古車買取店で『値段はつかない』、『逆に廃車手数料がかかる』
と言われて廃車にするか迷っている方のお力になる道を提案しております。

他社見積もりで0円の車も買取ります

廃車手数料・引取り費用は無料です

車との思い出を大切に、次のステージで活躍する機会を作ります

 

買取実績30,000台。

無料査定承ります。
愛車のこれからをお考えの際にはお気軽にご連絡ください。

コメントはこちらからどうぞ